洗車は金属のついていない服装で行おう

2015.5.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

大事な車を何時までもきれいに保っておくためには洗車を欠かすことが出来ませんが、その方法を間違うとせっかく綺麗にしようとしているのに逆に車を傷つけてしまったなんてことにも繋がりかねません。
そこで、車を洗うときに気をつけたいことは金属のついていない服装で車を洗うということです。

車を洗っている時というのは、ルーフ部分など手の届きにくい場所ともなれば車と密着することもあり、そのような時に金属のついた服装で車を擦ってしまうと大変なことになってしまうことがあります。
特に気をつけたい部分としてはベルトのバックル部分で、この部分は車を洗っている最中に車に接触しやすい部分であるだけに十分に注意をしておく必要があるのです。
また、ベルトだけでなく服のボタンなども注意が必要で、体の前面のボタンだけでなく袖口についているボタンも気をつける必要がありこの部分が金属のものだった場合、車にスポンジがけをしている時などに予期せず擦ってしまったりあるいはバランスを崩して、車に乗りかかるような形になってしまった時に金属のものを身につけていると車の塗装よりも硬いだけに大きな傷をつけてしまう可能性もあるため、車を洗うときは金属のついてない服装で洗うようにしましょう。海-クジラ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。